店長が認めるテクニック

店長が認めるテクニック

店長が認めるテクニック

トップスタイリストになれるかどうか、は店長の判断に委ねられいている、と言う美容室も有ります。ある意味この判断がいちばん良い基準となるのでは、と思いますよね。店長ならその人の働きぶり、お客さんからの人気ぶり、その人の人柄、努力、実際の技量など毎日見ているものですから、その人から認められる、と言う事がいちばんの様な気がしますし、認められた美容師も嬉しいのではないでしょうか。確かにお客さんからの人気、というのも大切な要素ではありますが、お客さんと言うのはよほどオシャレに興味のある人でなければ、そのカットのテクニックが素晴らしいものなのかどうか、と言う事は細かい違いまでは分からないと思うんですよね。一度に2人の美容師にカットしてもらってその後の様子を比べる事もできませんから、どちらの美容師が優れたテクニックだったか、と言う事も判断できません。ですからお客さんから支持される、と言う事も確かに必要ですがそれだけでは優れた技術を持つ美容師かどうか、と言う事を判断するのは難しいかもしれません。その点店長とかオーナーといった上に立つ人が判断するのであれば、より総合的にその美容師の良さを評価できると思うんですよね。またそういう権限を持っていると言う事で店長の方もスタッフを見る目が真剣になると思います。美容師のランク付けで一番多いのはその美容師がいかにその美容室の売り上げに貢献しているか、と言う事で決める方法だと思われます。いわゆる人気の美容師、になれば出世も早い、と言う事でしょう。ですがそれはその美容師が「人気がある」と言う事にはなりますが「技術がある」と言う事とは必ずしも一致しない事も有るでしょう。極端に言えばイケメンでトークの楽しい美容師なら、とりあえず人気の美容師になれると思うんですね。そういう人なら例え経験年数が短くても、技術がそこまで誇れるものではなかったとしても若い情勢たちの指名をとることは簡単にできてしまうかもしれません。もちろんイケメンである、と言うポジションを持続させるにはファッションセンスなども磨かなくてはいけませんし、トークが上手い、というのも元から人と話すのが好きだった、というだけではその魅力と維持する事はできませんから、本人が何らかの努力をする事によって、イケメンの楽しい美容師、と言うポジションをキープする事になるのだと思いますが、肝心の美容師としての技術はどうか、となった時に必ずしも経験年数の多い美容師よりも勝る腕を持っている、とは限りません。それでも「トップスタイリスト」という肩書を貰う事ができる、というのは勝負の世界は厳しい、と言う感じですね。マツエク 三宿 まつげエクステ トリートメント カラーエクステ 人気 口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ