炭水化物や脂質ってダイエットの敵?

炭水化物や脂質ってダイエットの敵?

炭水化物や脂質ってダイエットの敵?

ダイエットをする上で炭水化物や脂質を抜く方法をよく聞きますよね。確かに手っ取り早く痩せる方法ではあるのですが体の為には本当に良いのでしょうか?そもそも炭水化物はタンパク質や脂質と並んで3大栄養素と言われています。炭水化物は毎日の生活をする上で体を動かすエネルギーになります。炭水化物を抜いてしまうと脳の中で体が飢餓状態になっていると勘違いをしてしまって、脳は余計なエネルギーを使わないようにと指令を出します。そうすると体全体の代謝が落ちてしまって飢餓に蓄えようと体はエネルギーを蓄えようとします。これはどういう事でしょうか。炭水化物を抜いてダイエットをしているのに、体はエネルギーを蓄えようとするので逆に太りやすい体質になってしまうのです。脂質もダイエットだからと制限をしすぎてしまうとお肌がカサカサになってしまい老け顔になってしまいます。便も硬くなり便秘気味になってしまうなどの美容面において悪い影響が出てきてしまいます。炭水化物も脂質も大事な栄養素です。きちんと体を作る上で大事なものなのでダイエットをするからと言って制限をしすぎてしまうと逆の効果を招いてしまうので気を付けましょう。日本人の主食と言えばお米です。本来の体質的にもお米はパンや麺よりも消化がしやすいと言われています。炭水化物をしっかりお米からとり、そうする事でまずは土台のダイエットをするにあたるパワーをつけて、体を動かしていく事がやはり一番綺麗に痩せられる方法かもしれないですね。早起き、得意ですか?苦手な方も多いと思います。寝起きがスッキリしていると気分が良いですよね。朝スッキリ目覚めるにはどうしたらいいのでしょう。まず一日の時間を有効活用したい方は睡眠の質を高める事が重要です。その為には心と体をリラックスさせてあげましょう。深呼吸を深くして心を静めて、体の力を抜いてだらーんとして眠るようにしましょう。そして目覚ましは90分の倍数でかけるようにします。睡眠は90分単位で浅い眠りと深い眠りが交互に訪れるので、6時間後や7時間半後など90分の倍数の時間になるように考えて起きるのもスッキリ起きられるコツです。寝る前に起きる時間を声に出していうと脳にも起きる時間がセットされて目覚めやすくなります。朝起きた時に体が重いと感じてしまうと起きるのがまた億劫になってしまったりするので、前日の寝る2時間前には食べるのをやめた方がよさそうです。胃腸の働きは寝ている間、一緒に休んでいるので寝るまでに胃の中のものをしっかり消化させておくと起きた時に体が軽く感じるのです。そして寝る前にふくらはぎを伸ばしておくと重力の影響で下半身に溜まってしまった血液が戻りやすくなり、朝のむくみも解消できます。寝る前に明日着る洋服などをセットしておくというのも気持ちの安心感に繋がりぐっすり眠れます。寝る3分前には良い事、楽しかった事を思い描いておくと気分も落ち着いて眠りに入りやすいです。今日の疲れを明日に持ち越さない為にしっかり寝て、朝スッキリ起きられるようになりたいですね。ヘアサロン 志木駅 美容院 パーマ 縮毛矯正 メンズ 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ