シャンプーの時は美容師に身を任せる

シャンプーの時は美容師に身を任せる

シャンプーの時は美容師に身を任せる

美容室のシャンプーはとても気持ちが良いものですが、人によってはそんなに気持ちが良いとは感じない、という人もいるかもしれません。そういう人の多くはリラックスできていない事が原因なのではないか、と思われます。美容室のシャンプーを存分に味わうには、まずはリラックスして美容師に身を任せる事が大切だと思うんですね。たとえば首回りを洗ってもらう時、よく美容師が「首を上げますね」と声をかけてくれるのですが、この時に自分で首を上げようとする人が多いようです。おそらく首を持ち上げるのは思いだろうな、自分で首ぐらいあげられるから大丈夫、と思って首を自分で持ち上げるのだと思うのですが、実はこの行動は美容師の皆さんにとってはありがた迷惑な時があるようです。美容師の皆さんはお客さんがリラックスして自分に身を預けている事を前提としてシャンプーをしています。お客さんの身体に力が入っていると、美容師にとっては思わぬ事態になりかねないのです。首回りに関して言えばお客さんがリラックスした状態で手を首に当てているのですが、そこでお客さんが力を入れてしまうとシャワーのお湯が首と美容師の手の間に出来た隙間から背中のように入ってしまう可能性があるんですね。シャンプーのときは思い切って美容師に身を預けてしまう方が良いようです。美容師の皆さんのシャンプーはとても気持のよいものですが、だからといって毎日美容室でシャンプーをお願いするわけにはいきませんよね。私達はシャンプーの大半を自分でやってします。ですから出来る事ならば自分でシャンプーをする時にも、美容師の皆さんにやってもらう時に近いぐらいの気持ち良さを味わいたいものですよね。自分で自宅でする時にはどうしても作業のようにやってしまうものですが、シャンプーが気持ちが良い、という事はとてもリラックス効果がありますし頭皮マッサージにもなるので、実はじっくりと心地よさを味わいながら行いたいものです。できるだけ美容師のテクニックに近いものにするためにはコツがあるようです。一つは必ず指の腹で洗う事。そしてその指の腹を決して頭皮から離さない様にして洗う事です。指の動かし方は同じ方向に動かすのではなく左右逆の動きをさせる事。そして動きはリズミカルに。どうしても腕が疲れてしまう、という人はおそらく手首だけで動かしているものと思われます。腕全体、特に肘を意識しながら動かすと楽に動かせるようです。指の腹を頭皮に付けたままバイバイを手を振るような感じで動かすとよい、と言われています。このようなやり方をするとかなりシャンプーの泡が飛び散るようですから、それを気にせずするのがコツかもしれません。後の掃除が気になる所ですけどもね。篠崎駅 アシスタント 求人 教育


ホーム RSS購読 サイトマップ