先輩から学ぶ事

先輩から学ぶ事

先輩から学ぶ事

見習いとアシスタントの大きな違いは、それまでに美容師にどれだけ本気で興味を持ったか、と言う違いだと思うんですね。同じようにお店に立たされていても何も勉強していない見習いの人だと、「何をやっているの解らない」「先輩の何が凄いのか解らない」と言う事になると思うのですが、美容専門学校に通っていた人なら「自分が学校で上手くできなかった事を、完璧に先輩がこなしている」という状況に感動したりするものでしょう。それでも「どうしても美容師になりたいのだ」と思っている見習いなら、何かを学び取ろう、とする意識があるでしょうけれども、ただなんとなく美容師の見習いになった人にとっては、先輩の凄さも感じ取れない事が多いでしょう。先輩があんなに忙しそうにしているのに、自分はただ立たされているだけ、と言う状況に対して不満ばかりが募るようになると、とても耐えられなくなる事でしょう。本気で美容師になりたいと思っている人や美容専門学校である程度の知識がある人ならば、自分はまだ仕事を与えられる状態ではない、と言う事もきちんと自覚できている人が多いでしょう。ですから不満を言わずに立たされている状況にも耐えられますし、立たされている状況でも何かを学び取ろうと言う前向きな姿勢でいられるのでしょう。美容専門学校に通って美容師を目指して入る人の多くは、国家試験に合格してアシスタントとして美容室に就職すると言う道をたどります。一方で美容専門学校には通わないで美容師を目指す人というのは、見習いとして就職します。学校で学ぶのではなくて実地研修をして美容師を目指す、というコースですね。一概には言えませんが、こういうコースを選んだ人の中には美容師を目指す動機が甘い人もいるようです。なんとなく、とか他になりたいものが無かったから、高校受験に失敗したから、という感じですね。そういう人たちにとって、美容室での見習いの生活、というのはかなり厳しいものとなります。見習いですからその名のごとく「見て学ぶ」と言う事になります。一日中ただお店に立たされている、というようなケースもある様で、それは考えただけでも辛そうですよね。それでも本気で美容師を目指していて、自分は今「見て学ぶ」という立場なのだ、と言う事をきちんとわかっている人は、ただ立っているだけではなく、先輩の動きやお客さんの様子など、まさに見ながら何かを吸収しようと一生懸命になるのでしょうが、そうではない人にとっては「何のために自分がここに立っているのか解らない」と言う時間が過ぎていくでしょう。骨盤矯正 代官山 小顔 ブライダル 人気 ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ