専門学校では習えない事

専門学校では習えない事

専門学校では習えない事

美容師として働く、という事はそれまでにやっておかなくてはいけない事がたくさんあります。もちろんこの事は美容師になる人に限った事ではなくて、誰でも社会人として働き始めるまでに身に着けておきたい事がたくさんあります。美容師になる人は一般的な会社に就職する学生たちとは違って、そもそも美容師になるための専門学校に通っているのが一般的です。ですから美容師として必要な技術はその専門学校ですべてに身に着ける事が出来る、と思われています。ですがそれだけでは本当は不十分なんですね。それはどうしてかと言うと、美容専門学校で習う多くの内容は、「美容師になるための国家試験に合格するための勉強」となっているからです。もちろんそれが美容専門学校の位置づけですから、それ以外の事を美容専門学校で教えるように求めるのは少し筋が違うでしょう。おそらく学生の皆さんの中には「これだけ専門学校で勉強しているのに、これ以上美容師になるために何が必要なの?」と思う人も多いかもしれません。ですが「美容師になる」事と「美容室で美容師として働く」と言う事には多くの違いがあります。その一番大きなことは「一人一人違っている、感情のあるお客さんに接する仕事である」という面ではないでしょうか。これでけセルフケアのための情報や、そのためのグッズ、薬剤などが簡単に手に入るようになった今では、もはや美容師がいくらセルフケアを否定しても無駄だと言っても良いでしょう。美容師はセルフケアについてどのように考えたらよいのか、という事に向き合わなくてはいけないのかもしれません。ですが今の現状を踏まえると、美容師もお客さんも美容室とセルフケアの共存を目指すしかないと思われますよね。美容師もあまりにセルフケアを否定する様では、お客さんから好まれなくなってしまうと思われます。それよりもむしろセルフケアの存在を認めて、お客さんのセルフケアの手助けをするぐらいのスタンスにならなくてはいけないのではないでしょうか。これまででも前髪カットだけのために美容室に来るお客さんと言うのはごく一部だったと思います。いくら1000円以内でやってもらえる前髪カットであっても、そのためだけに時間もお金も使って美容室に行くよりも、それぐらいなら自分で出来る、と思ったお客さんは多いものです。そして美容師も「自分でカットするならこんな感じで」とそのテクニックを伝授するような場面もあったはずです。その時の気持ちの延長だと思えば良いのではないでしょうか。お客さんが自分で自分の髪を何とかしたい、という気持ちはキレイに対して前向きな証拠です。それは美容師にとっても嬉しい事であるはずです。ヘアサロン 相模大野駅 美容院 パーマ 縮毛矯正 ランキング 人気


ホーム RSS購読 サイトマップ