「カッコいい」と思えたか

「カッコいい」と思えたか

「カッコいい」と思えたか

男子学生が美容室デビューするにあたって、まずは美容室に対する苦手意識を取り払わなくてはいけないと思うんですね。いつまでも緊張してしまって言いたい事の一つも言えないままであれば、おそらく満足できる仕上がりにもならないでしょう。どんなに美容師にお任せしたとしても、色々と質問される事も有ります。美容師から声を掛けられるたびに緊張してうまく応えられない、という事が続くと、美容師の方も困ってしまうでしょう。まずは美容師とうまくコミュニケーションを取ることが必要となりますし、そのためには美容師にも「美容室が初めてである」という情報を最初に提供してしまった方が良いと思います。美容師はヘアスタイルを作るプロであると同時に、多くのお客さんに接してきている訳ですから、初めて美容室に来た人に対しての応対の仕方もよくわかっているはずです。初めてだ、と知ったら、その人が緊張しないような態度で節してくれるはずです。そして美容師にとって男子大学生が美容室デビューする、なんてことは日常茶飯事な筈です。それは恥でもなんでもなく、むしろ初めてだ、と言ってもらった方が助かる、という感じではないでしょうか。いっそ予約をする時から「初めてだ」と言う事を伝えておく方が自分も気持ちを美容室デビューをはたしたとして、その後どうするか、という事はその時の仕上がりに満足したかどうか、という事が大きいでしょう。もちろん仕上がりだけではなくて、その時の美容室の雰囲気、担当してくれた美容師の雰囲気、会話、などすべてにおいて、「美容師室って楽しい」と思うか「とんでもないところだ」と思うか、で次の行動は変わってきますよね。色々な面で気に入らなかった場合には、また一から美容室探しをしなくてはいけないのか、と思うと、美容師って面倒だから床屋の方が良いや、と思う人も出てくるかもしれません。ですがいずれにしてもこれまで床屋に行っていた人にとって、美容室での仕上がりというのは劇的だと思うんですね。特にパーマやカラーに挑戦した人にとっては、自分がヘアスタイル一つでここまで変身する事が出来るとは思っていなかったのではないでしょうか。そこで自分の事をカッコいい、と思えるかどうか、という事がその後のオシャレに対する意識のもとになるような気がしますね。カッコよくなれる事の嬉しさや快感と言うのは、きっと自分に自信を持つことができると思うんですね。大学に入学する前に美容室に行ってこれまでとは違う自分と言うのをあえて演出してから大学生活をスタートさせる、というのは男子学生にとってはとても大きなポイントかもしれませんね。門前仲町 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ