自分のスタイリング力を見せる

自分のスタイリング力を見せる

美容室でヘアスタイルを作ってもらった後でよく感じる事は、「美容師津ではキレイに仕上げてもらったけど、自分でそのスタイルを再現しようと思うと上手くいかない」と言う事ではないでしょうか。これは自分のスタイリング力では作ることのできないヘアスタイルをプロの手で作ってもらった事で起きてしまう事なんですよね。当然ですが美容師の方が私達よりもスタイリングは上手いものです。人の髪の毛をスタイリングするのと、自分で自分の髪の毛をスタイリングするのとでも事情が違います。ですが美容室へ行くのは数か月に一度だ、と言う人が殆どなので、そうなると数か月に一度以外は自分でスタイリングをするわけで、そのスタイリング力の範囲内でできるヘアスタイルにしておかないと、美容室で作ってもらったヘアスタイルを楽しむ事が出来るのは数か月の中でたった一度だけ、と言う事になってしまいます。ですから自分のスタイリング力はこの程度、と言う事を美容師に伝えておくことはとても重要なんですよね。それは上手い下手だけの問題ではなくて、その人の朝の出勤時間や家事の都合など、スタイリングにどれだけ時間をかける事が出来るか、と言う事にも関わってきます。美容室へ行くときに自分なりに普段のアレンジをして来店すると、美容師の皆さんはその人のスタイリング力や、好み、クセなども解ってくれると思われます。

 

なりたい自分をアピール

 

美容師の皆さんは、もともとお客さんに対して似合うヘアスタイルを提案するセンスを持ちあわせています。ですがどう提案するか、という判断材料はお客さんをみてから判断するものです。顔もスタイルも解らないのに似合うヘアスタイルを決める事はいくら美容師であっても無理な事でしょう。ですから私達は何気に美容室へいって薦められるままに席に着くものですが、その間に美容師の皆さんはそのお客さんの顔立ちやファッション、メイクなどをみて、その人の好みやセンスなどを見極めている事が多いんですよね。そしてその人の大体の雰囲気も含めて、どんなヘアスタイルが似合うか、どんなヘアスタイルを提案すべきか、と言う事を判断している様なんですね。ですからお客さん側としては、自分が普段やっているメイクやファッションから大きく外れた外見で来店するべきではないんですね。そうすると美容師は来店した姿がいつものお客さんのスタイル、と言う風に判断してしまうので、それを踏まえてイメージしたヘアスタイルは、普段お客さんの好みとは違う物になってしまう可能性があるんですね。たとえば普段はコンタクトをして生活しているのに、美容室に行く日に限って眼鏡をかけて来店する、と言った事も美容師の提案を左右してしまう事でしょう。

 

PICK UP !!

 

武蔵浦和でアシスタント(パート)急募

武蔵浦和駅 アシスタント 求人 パート

柏の美容院は教務委託・自由出勤

柏駅 求人 美容院 業務委託 自由出勤

表参道駅すぐで業務委託の求人

表参道駅 求人 美容院 業務委託


ホーム RSS購読 サイトマップ