良い美容師との出会い

良い美容師との出会い

良い美容師との出会い

くせ毛であっても自分に自信が持てるかどうか、というのはどんな美容師と出会うか、と言う事にかかっているような気がします。良く聞かれるのが「髪の毛の量が多すぎて美容師さんが嫌な顔をしているように思える」とか「扱いづらい髪の毛だから美容師さんに申し訳ない」というとても美容師に対して遠慮がちな気持ちです。ですが実際には誰だって美容室のお客さんなのですから、料金を支払ってお願いしている以上、美容師はどんな髪質のお客さんであってもその人が満足できるスタイルを提供するのが仕事のはずです。もしもくせ毛や剛毛の人に対してその様な気持ちを抱かせた原因が美容師の発言や態度であったのであれば、それは美容師としてはあってはならない事ですよね。クセ毛などで悩んでいる人に対する特効薬は、まずはその髪質であっても受け入れて自信を持たせてくれるような良い美容師との出会いだと思うんですね。なかなかそういう美容師に一度で出会えることは少ないと思いますが、色々な評判などをリサーチして美容室通いを続けていれば必ず出会えるものだと思われます。クセ毛だから、というだけですぐに縮毛矯正を勧めてくるような美容師は、ちょっと考えた方が良いですね。そのくせ毛を何とかして生かそう、としてくれる美容師なら人間性も技術も信頼して良いと思われます。長年くせ毛や剛毛で悩まされている人にとっては、もはやそれはコンプレックスでしかなく、その髪質を生かしたスタイリングなんてあるはずがない、と思っている人も多いかもしれませんが、それはその方法と出会っていないだけのことかもしれません。最近ではヘアケア製品も良いものがたくさんありますし、クセ毛などに対応しているものもたくさん出ています。またそういう人の悩みを解決してくれる技術を持っている美容師もたくさんいます。そういう美容師やよいヘアケア製品との出会いによって、自分のくせ毛に対するコンプレックスをまず取り除くことが大切だと思いますね。コンプレックスだ、と思っているとどうしてもオシャレに対しても消極的になりがちですが、これが個性だ、と思える様になればオシャレに対しても積極的になれるかもしれません。自分の事をどれだけ可愛らしく、綺麗に見せるか、と言う事はまずは自分の心の中で自信を持ってオシャレに取り組んでいるかどうか、と言う事が大きいと思うんですね。悩みとして抱えたままでオシャレに取り組むか、これは個性なのだ、個性を生かしたおしゃれを楽しむのだ、と積極的になれているかどうか、と言う違いは、とても大きいと思われます。クセ毛だから、と何でも諦めてしまわないで、クセ毛だからこそ似合うスタイルを探す、と言うのも良いのではないでしょうか。行徳 理容室


ホーム RSS購読 サイトマップ