閉店に追い込まれる

閉店に追い込まれる

閉店に追い込まれる

今の店で美容師として働くことに何の問題も無い、ここで遣り甲斐を感じながら働くことが出来ている、でも辞めなければならない状況になった、と言う事もあります。それはその美容室の経営が立ち行かなくなってしまったケースです。多くの場合オーナーや店長など経営に関わっている人たちは、経営が悪化したり状況が良くない事を最後まで従業員たちには悟られまいとするのが普通です。ですから気付いた時にはもうその美容室は閉店に追い込まれる間際で、店長から「辞めてもらいたい」と言われたり「店を閉める」と言われたりするケースが多いようです。そうなってしまうと、どんなにその店で働きたい、と思ってもそのお店自体が無くなるわけですから、どうにもなりません。別の美容室で再出発するとか、見つからなければ別の業界へ行くとか、と言う選択を迫られることになります。従業員のためを思って、早めに打ち明けてくれる美容室もあるでしょう。そういう場合には少し時間をかけて、次の道を探す事ができますが、突然解雇されたり閉店したり、酷い時には知らない間に店が閉まっていたり、と言う事も現実にはあるようです。近年は美容室は乱立状態でその競争は激化しています。どの美容室で起きてもおかしくない事だと思われますね。美容師として働いていて、その仕事が楽しいと思っていても、それでもその美容室を辞める、と言う選択をする人もいます。それは「このままでは収入が少なくて生活できない」と言う状況に追い込まれたケースです。美容師の仕事と言うのは割に合わない、と言う事が結構言われています。儲かるのは店長やオーナーのポジションの人たちだけで使われているスタッフの給料は同年代の会社員に比べるとかなり少ない、と言う事も良く言われています。そうなってくると特に結婚適齢期の人たちや、既に配偶者やお子さんがいるという人たちは自分の仕事のやりがいは勿論ですが、「生活する」と言う事も考えなくてはいけません。そのためには今のお給料で生活していけるかどうか、と言う事をきちんと見定めなくてはいけません。そして出した結果がその美容室を退職する、と言う事になる人も実際にいるようです。そしてその人達が次の道として考えるのは、美容師として他のお店に行くか、もしくはまったく別の業界へ転身するか、という選択になります。美容師の収入と言うのはどこも同じ、と思うかもしれませんが、実際には美容室はいまやコンビニ並みに件数がある、と言われています。条件に合う美容室が見つかる可能性も大いにあります。ですが最初から別の業界の方が稼ぎが良いのが解っていたら、別の業界を魅力的に感じるのも無理はないですね。練馬 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ