美容師さんが仕事を辞めてしまう理由

表参道 美容室での仕事っていうのは一見華々しい感じに見えるんですが、実際のところはどうなんでしょうね。
アシスタント時代はまだまだ下っ端という感じでシャンプーや雑用仕事ばかりやらされていたりして、結構長続きしない人も多いんじゃないかな~と思うんですよね。

仕事がつらかったり、あとは自分が想像していたものと違っていたり、先輩のスタイリストさんにこき使われるような感じが嫌だとか辞めてしまう理由っていうのはいくつもあると思うんですが、その中で上下関係に関しては結構厳しいのかもしれないですね。

もちろん、健康上の理由でアレルギーなどが出てシャンプーやカラー、パーマ剤などを触ることが出来なくなってしまったとか、あとは腱鞘炎になってしまってハサミを握れなくなってしまったとかもあると思うんですが、人間関係の悪化っていうのはやっぱりどんな仕事でもいちばんの問題になってしまいがちですからね。

自分はお客さんとして美容室に行っていますが、一見するとみんな元気に仲良く仕事をしているように見えるんですが、ふとしたときにアシスタントの子が怒られているような部分も見たことがあるので、上下関係は厳しいお店もあるのかもしれないですね。